ロゴ
HOME>トピックス>お金の悩みは早めにファイナンシャルプランナーに相談しよう

お金の悩みは早めにファイナンシャルプランナーに相談しよう

男女

ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナーとは収支や負債・資産などを総合的に見ながら、適切な生活プランを提案するお金のプロです。FPの略称でも呼ばれており、公正中立な立場から保険をプランニングすることを主な業務としています。保険の外交員は自社保険しか勧めませんが、ファイナンシャルプランナーはあくまで相談者の有益性を重視して提案します。保険は一生涯における大きな出費となり、間違った保険選びをするだけで一生涯で数百万円も損をしてしまう可能性があるのです。保険に無料サービスは存在せず、充実した保障はそのまま保険料に反映されてしまいます。確かに充実した保障は安心できますが、保険料が高くなるのでどこかで妥協が必要となります。保険選びで困ったとき、保険の見直しをしたいときなどはプロに相談してベストな保険を提案してもらいましょう。

書類

ファイナンシャルプランナーに相談できる内容

ファイナンシャルプランナーと言えば生命保険の相談に乗ってくれるプロと考える方が多いです。保険の新規加入・見直しのときにサポートしてくれますが、ほかにもお金のこと全般に対応しています。例えば老後にいくらお金を貯めておくべきなのか、住宅ローンの返済が厳しいので対策を教えてほしい、赤字家計をどうにかしたいなどなど。お金の悩みは生活に密着することですし、ストレスの原因にもなるので早期解決が必要となります。解決の糸口となるのは各種保険にあることが多く、ムダが発生している可能性が高いためです。保険会社の勧めるままに保険加入している方は多いですが、そもそも保険会社は自社の利益になる商品を勧めたいと考えるものです。保険は家族構成・ライフプランによっても最適な商品が異なってくるので、やはり保険のプロに相談して決めるのが理想です。